よくある質問

「よくある質問」を見ても問題が解決しない場合は、inquiry@yokohamasawasdee.comまでお問い合わせください。

        

教室について

          

A.外に目立つような看板はありません。教室はワンルームマンションの一室にあり、入室には1階エントランスのインターホンで部屋番号を押していただきます。教室側でご訪問者様のお顔とお名前をご確認させていただいてから、入室していただきます。教室入口のドアサインはあります。

A.広さは6畳程度、最大6名様程度までお入りいただけます。

A.はい、和室です。玄関で靴をお脱ぎいただきます。5月~10月はい草のござ、11月~4月はこたつ、座布団にお座りいただきます。

A.できます。プライベートレッスンは、レッスン前日までのご連絡ならキャンセル料0円、タイ語講座と寺子屋こべつ指導会はキャンセル料は発生しません。但し、大人の方にとって一度のキャンセルは永遠のキャンセルになりがちです。スケジュール管理をされてください。

A.私が女性であるせいか、圧倒的に女性の生徒様が多いです。これまで20~60代の方に来ていただきましたが、30代半ば~50代半ばの方が多いです。レベルは圧倒的に入門?初心者で、英語が苦手、タイ語が全く初めてという方が多いです。

A.当教室では、レッスンに心地よく集中していただきたいので生徒様の写真撮影やSNSの投稿は一切いたしません。生徒様と講師1対1で受けられるプライベートレッスンもあり、生徒様のプライバシーをお守りするレッスン規約も用意しています。 教室には、事務スタッフはおらず講師一名のみ、外に目立つ看板もありません。記事「生徒さんの声をのせない理由」もご覧ください。

A.以前は行っていましたが、この記事「私の教室が無料体験レッスンをやめた理由」の通り必要がなくなってしまいました。 それでも、プライベート、セミプライベートレッスンをご希望の方には、「レッスン開始前の無料相談・面談」を受け付けています。新しく英語やタイ語を習う上での思いや不安も大いにお聞かせください。

講師・佐野なおこについて

A.大人同士だと講師の呼び方に一瞬悩まれますよね。呼び方は生徒さんにお任せしています。 私が指導者という立場上、「先生」と呼んでくださる方は多いのですが、もちろん「佐野さん」、「なおこさん」、「なおさん」も大歓迎ですし、実は名前の方が正直精神的にも楽だったりします。
だからと言って「先生と呼ばないでください」と言うのはあまりにも責任逃れをしているようだと感じてしまいます。「先生」と呼んで安心感を得たい方の気持ちも、大事にしたいと思っています。

A.私が大切にしているのは、リアリティーの追求です。生徒さんの「こういう時にはどんな風にお客様に伝えればいいですか?」という質問に対し、接客シーンをよく分かっていないのに「とりあえずこんな風に答えてみたら?」というアドバイスは避けたいのです。
例えば、会計の最中にお客様が他の商品が気を取られ「ちょっと会計を待って」と言われる場合でも、お店に他のお客様がいなければ「どうぞごゆっくりご覧くださいませ」と言えます。 しかし、お店が混雑していて後ろにも会計をお待ちのお客様がいるときは「申し訳ございませんが、他のお客様もいらっしゃいますので、お決まりの商品だけでも先に会計させていただいてもよろしいですか?」と機転を利かせてお声をかける必要があるのです。お客様の心情は様々ですし、臨機応変に機転を利かせて対応する大変さは現場に出ていないと実感できません。
求められるサービスも時代とともに変化して来ています。 レッスンやインバウンド接客英会話セミナーでも、現場に立つ生徒様、受講者様の大変さを理解し、時代に合った内容を共有できる講師であり続けたいです。そして、お客様と接するスタッフとしても、エネルギーを得て精神的に逞しくありたいと思っています。

A.ゴスペルは確かにキリスト教の音楽ですが、歌詞には困難な人生の中で前向き生きるためのメッセージがたくさんあり、日々力をもらっているからです。これらのメッセージを歌えることは自分にとって大きな喜びで、10数年歌っている理由です。
私自身はクリスチャンではありません。特定の信仰している宗教は持たず、宗教団体にも所属していません。神と仏に対しては、常に感謝と畏怖の念を抱いており、尊い存在だと思っています。記事「非公式プロフィール」もご覧ください。

レッスンについて

A.各レッスンスタイルの長所と短所をお知らせします。よく分からなければ、お電話、LINEでもお話しますのでお問い合わせください。

●プライベートレッスン
長所: 他の生徒様を入れないので、マイペースで弱点克服が早くできます。
短所: 受講料は高めで、生徒さん個人がレッスンを受けるための準備が必要です。

●グループレッスン(タイ語講座のみ)
長所: 講師が先導するので、生徒様が準備しなくても気楽に授業についていけます。
短所: 遅刻早退しても受講料は同じで、生徒様お一人お一人をケア出来ません。

●個別指導(寺子屋こべつ指導会のみ)
長所: 時間中入退室自由で、比較的手頃な受講料で自分の学びたいことに集中出来ます。
短所: 教室内に複数生徒様がいますので、指導やアドバイス内容が筒抜けになります。

A.いいえ、日本語で指導しています。生徒様が大人として英語やタイ語を使う現場で困らぬよう、発音はもちろんのこと、相手に失礼にならない言葉遣い・言葉選びを母国語できちんと理解してもらいたいと考えているからです。
実は英語やタイ語にも敬語が存在します。日本語の敬語に関しては、単語ごとに尊敬語、謙譲語、丁寧語の変換表ができていまうくらい決まりが細かいです。英語やタイ語の場合、日本語のような決まりはありませんが、相手との人間関係や状況次第で敬語を用いる必要があります。この「決まりのなさ」が、日本語よりもむしろややこしい所かもしれません。 このため、独学でよく使い方も知らずに会話参考書のフレーズを鵜呑みにして使うと、現場では通じない・受け入れられないこともあります。 そして、英語やタイ語オンリーでの会話ということは、生徒様がつまづいたときに、講師からの日本語の手助けは一切なく、生徒様も何につまづいたかを英語やタイ語で説明することになります。

A.英語を無理に好きになる必要はありません。日本語と同様、英語は手段だからです。日本語も、好き・嫌い以前に日本に生まれたから使っているだけではないでしょうか? それよりも、今のお仕事、商品、サービスが好きであることの方が大切です。そうでなかったら、英語がきれいに話せてもお客様に思いを伝えることはできません。 これまで日本人以外でも、英語が苦手なんだろうなあという人をたくさん見て来ましたので、あなた一人ではありません。苦手でも出来ることをやりましょう。

A.言語は文化です。いつからでも始められます。「小さいうちに…」とのことですが、確かに「0歳からの英語」という看板は見かけたことはありますが、「0歳からのタイ語」という看板は未だかつて見たことありません。大人の方はまず、「なぜ今英語を習いたいのか」、「英会話にどんな憧れを抱いているのか」と冷静にご自分を客観視され、ピンポイントで必要なことに絞って学ばれることをおすすめします。

A.プライベートレッスン、または読み書き中心の「寺子屋こべつ指導会」で指導いたします。メーカーや商社での貿易事務や翻訳の経験もあり、翻訳学校で指導経験もあります。簡潔で無駄を省いた英文の書き方をお伝えいたします。

A.プライベートレッスン、または読み書き中心の「寺子屋こべつ指導会」で指導いたします。用具は教室にもありますが、ご自身でお使いの用具をご持参いただいても構いません。

A.ご興味のある分野の記事、小説、その他洋書などを用いて、英語で自分の好きなことを学ぶことができます。ぜひ、ご相談ください。読み物があると、発音の練習ができ、会話力、読解力のアップにもつながります。 現在私も、実は読み物で発音を練習し、会話力、読解力をなんとか維持しています。

A.いいえ、その必要はありません。会話講座は、発音記号を使ってタイで役に立つ単語や会話フレーズを練習します。発音記号の読み方も指導しますのでご安心ください。

A.開催が月2回同じテーマで、生徒様の通学ペースが月1回のため、1回の講座時間は長めにしています。2時間の間、全員でタイ語をたくさん声に出しますので、タイ語ボイストレーニング(体をほぐすストレッチ、基本発音の練習)を行ってから、今月のテーマに入ります。途中10分程度休憩も入れています。タイ語講座は、タイに関する情報交換の場にもなっていますので、その時間も組んでいます。

A.タイ料理交流会は第4水曜タイ語講座クラスの生徒様がメインで参加されています。生徒達との交流なので、参加されるにはタイ語講座、あるいは英語でもいいので教室内で何かレッスンをお受けになってください。教室のカルチャーを共有した者同士でないと、会の中で浮いてしまいます。毎回話題はタイ一色、タイ以外のことはほとんど話題にならない雰囲気です。

A.プライベートレッスンで指導いたします。カタカナ読みでお伝えしますのでご安心ください。 タイ語は英語にはない発音が多く、一度のレッスンで音を記憶にとどめるのは難しいと考えます。このため自宅練習用の音源もお作りしていますので、スマートフォンや録音機器をお持ちください。

A.プライベートレッスン、または読み書き中心の「寺子屋こべつ指導会」で指導いたします。教室オリジナルのタイ文字練習用テキストを用意しています。

語学の勉強について

A.どこに住んでいても、どこに目的を見つけ、情熱を注げるかにかかっていると思います。 日本国内で暮らしながら話せるようになる人もいれば、海外にいても、ずっと日本語オンリーで通し現地の言葉を身につけない人もいます。日本語が上手な海外の人も、来日前に自分の国で日本の漫画やアニメから日本語を学んだという人もいるくらいです。
ペラペラというのはネイティブ並みにという意味でしょうか?もし精神的にタフで時間とお金に余裕があるようでしたら、日本人のいない海外に行きひたすら現地語オンリーで暮らしてみることではないでしょうか? 買い物も銀行も、テレビも、警察も全て現地語ですから嫌でも身に着くと思います。

A.これには大きく分けて3つの原因があると考えます。
1つ目は、英語の場合、相手の国や地域により聞きとりやすい音とそうでない音があります。このため、私自身も接客の際聞き返すことは多々あります。
2つ目は、いかに発音練習をされているかです。英語の発音記号通りの正しい発音で練習されていますか?例えば、unbelievableを「アンビリーバボー」、birthdayを「バースデー」、seasonを「シーズン」と日本語カタカナ読みのままになっていませんか?
3つ目は、英文を読む際のリズムです。日本語はほぼ平坦なリズムで「日本へようこそ」と発することが出来ますが、英語の「Welcome to Japan」を「ウエルカムトゥージャパン」と抑揚をつけずカタカナ読みをされていませんか?
言語には、それぞれの発音やリズムがあります。発音やリズムが日本語化していると思ったらすぐに改めてください。 ご自分で改善が難しい場合は、一度プライベートレッスンをお受けになることをおすすめします。お一人お一人に合わせた改善ポイントを指摘、自己練習方法や気をつけるべき点をアドバイスいたします。

A.今までにホテルやレストランを利用されたときの、スタッフの方との会話を思い出して見てください。会話の内容は、受験や検定試験の参考書に出てきますか?また、それらの参考書からホテルやレストランのお仕事に直結することを学べそうですか?
ホテルやレストランでの英語は職業の英語です。職業の英語は受験や試験の英語とは別物です。職業に精通するための単語や知識から身につけ、英語での表現のしかたを覚えることです。 私もタイのホテルで働く前にTOEIC700点を取りましたが、ホテルの現場で求められたのは、専門用語や知識、簡潔なコミュニケーションでした。英語は受験や検定試験の難易度までは必要あリません。むしろ中学校程度でも事足りる時もあります。
ホテルのスタッフやお客様にとっては、英語の資格や成績はさほど重要ではなく、「今この状況で何が出来るか」を示すことの方が大切だと痛感しました。 ホテルやレストランは接客業です。英語よりもまず、人を好きになってください。日頃から挨拶をきちんと交わし、フェイストゥフェイスのコミュニケーションを疎かにしないようにしましょう

A.英会話スクールに行かない時間をどう過ごして来られましたか?習ったことは最低限覚え、英語を使う機会を見つける努力をされましたか?
当教室の場合、英語もタイ語も、プライベートレッスンもグループレッスンも、全て同じ日本人女性講師による日本語での指導です。それでも、英語、タイ語を問わず、会話力、聞き取り力が着実に伸びている生徒様達がいらっしゃいます。 その生徒様達の共通点は、接客などのお仕事や海外で、「積極的に相手と会話する機会を見つける」、「会話の結果湧いた疑問をレッスンで解決」を繰り返しています。教室に通わない時間もひたすら自主稽古を続け、常に自分を客観視し今の自分が弱い所や必要なことをいつも分析しています。 この生徒様達の中には、外国人のお客様対応から逃げていたという方も含まれています。

A.確かにブロークンでもジェスチャーを交えれば通じることも多いです。私がタイにいた20代の頃も若さと勢いで許してもらったところもあったかもしれません。
但し、それがある時覆されました。3年ほど前に都内の主要駅付近で案内業務をしていたときのことです。駅をご利用のお客様はお急ぎの方が多く、一度でサッと理解してもらえるようにお伝えする必要がありました。(それも早口で) 販売の仕事でも、聞かれたことにパッと反応し答え続けることでお客様が買ってくださるのを複数回見て来ました。
接客業では、時に会話一往復でお客様とのやり取りを完結させねばならない時もあります。 サッパッとお客様にご理解をいただくには、普段からクリアな発声と発音で様々な速度の英語やタイ語を稽古して、プロとして仕事に備える必要があるとつくづく痛感しました。 それに発音の知識があると、canとcan't を区別して聞き取れるようになり、お客様が「できる」、「できない」のどちらを言っているのか悩まずにすみます。

A.私も初めてタイ語を習ったときは、本当にこの国で仕事して生きていけるのかとっても不安でした。現地のタイ語学校の先生のクリアな発音に食らいつくように真似し続け、ホテルのタイ人スタッフともコミュニケーションをとり続けました。
タイの人は、外国人がタイ語を話そうとすることを本当に歓迎し喜んでくれる人達です。タイ語を知れば知るほどタイの旅は楽しくなります。そのために、タイ語会話講座、プライベートレッスンでは発音を丁寧に指導いたします。

英語、タイ語を学ぶ理由

A.まず英語ですが、ネイティブ以外の英語が通じる国や地域の人達と会話が出来るようになったことです。日本国内での接客や販売の仕事も、英語やタイ語でお手伝いするとお客様が本当に喜んでくださるので、励みにもなっています。 そして、自分は音楽が大好きで、ライフワークでゴスペル主体のコーラスグループに所属し、日常的にもカラオケで歌いたい洋楽を練習しています。英詞の内容に共感し自分へのメッセージに置き換え、ハイセンスな音とともに歌える喜びは、もう何事にも変えられません。
タイ語は、帰国してから一層タイが大好きになり、タイの田舎の人達とお話することにはまっています。横浜のタイレストランやタイスーパーで、タイの店員さんとの会話も楽しんでいます。 これらの2言語を知ったことで、私の人生は本当に豊かになったと思っています。

A.確かにそうかもしれません。但し、「翻訳アプリの不具合や機器の故障がゼロ」という保証があればです。
タイのホテルに勤務していた頃の話ですが、ホテル内で起きたトラブル(「シャワーのお湯が出ない」、「トイレの水が流れない」など)で、日本人のお客様から私は呼び出され、対応に当たりました。このとき、ガイドさんはいませんでした。頼りとなるものがいつ効き目がなくなるか、全く予想がつきません。英語やタイ語などの外国語を身につけるということは、【どこにいても自分の力で立ち上がる力】を身につけることにもつながります。

英語手書きPOP

英語手書きPOP

店内や店頭で見かける、商品周りに置いてある広告をPOPと言います。英語POPはその英語版です。
横浜サワディーブリッジでは、 インバウンド支援の一環として「手書き英語POP講座」を開催しています。手書き英語POPを使って、世界のお客様をお迎えする準備をしましょう!

代表ブログ

教室の最新情報を随時更新しています。